クリエイションペイント

東京・千葉・神奈川・埼玉・茨城にお住まいの方へ!サイディングボードってご存じですか?

約3分

今ではすっかり家の80%~90%の外壁材となっているサイディングボード。

サイディングと言われていても、建築関係以外の人からしたら初めて聞く名称だと思います。

この外壁材の特徴を知っておくことで、今後のご自宅のメンテナンス方法など、末長く安心してお住まいになれる家を保つことが出来ます。

そこで今回のコラムでは、そのサイディングについて解説していきます。

■サイディングとは?

現在での住宅事情としては新築物件の多くで採用されている外壁材があり、主にサイディングボードと呼ばれているものをメインとして使っています。

サイディングボードとはいくつかの種類に分かれていて、金属製や窯業製、木質製や樹脂製などがあり、この中でも人気の高いものでは、金属製と窯業製を挙げることができます。

以前はモルタルを使った外壁が多く見られましたが現在では耐火性に優れたパネル壁材としてサイディングボードが広く普及をしていることになります。

メリットは豊富にあり、耐火性だけではなく、防腐性や耐摩耗性なども挙げることができ、丈夫な素材で作られていることもあり、クラックなどが発生しないこともメリットです。

また、工期が短いことも特徴です。

新築物件の場合では10日間から2週間程度、重ね張り工法の場合では更に工期が短縮されます。

コストが安いこともメリットになり、工場生産として製造されているものを、現地で組み立てを行う方法になるので、安定した資材を使うことにも向いている工法です。

現在では様々なテクスチャーに仕上がったサイディングボードがあり、住宅を彩ることにも最適な資材だといえます。

今回は今主に使われている外壁材サイディングボードについて解説させて頂きました。

お客様の外壁にどんな素材が使用されているのか知っておくだけでも、今後の住宅メンテナンスのお役に立つことになります。

工事の必要が無くても10年に1度は業者に定期点検をしてもらうだけでも、安心してお住まいになれますので、定期点検は是非オススメします。

現在、千葉市や文京区を始め、関東圏内を中心にどこへでも伺わせて頂いております。
自宅や店舗のリフォームの相談や点検などお気軽にご相談下さい。

問い合わせ

Follow me!

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE
PAGE TOP