クリエイションペイント

東京・千葉・神奈川・埼玉・茨城にお住まいの方へ!外壁塗装でムラが発生した場合の対処法とは?

約5分

「外壁塗装を依頼したいけど色ムラが不安…」

「もし塗装ムラを見つけたらどうすればいいの?」

外壁塗装を考えているけど、塗装ムラが発生した場合どうすればいいのかと心配に思う方も多いでしょう。

そこで今回のコラムでは外壁塗装でムラが発生した場合の塗り直しやムラの対処法についてご説明いたします。

■外壁塗装のムラはやり直しが可能か?

◎多少のムラと明らかなムラの違いとは?

前提として、外壁塗装は人の手によって行われるものです。
塗装職人が日々技術に磨きをかけ、美しい仕上がりを目指して塗装を行っています。
ですが、手慣れた職人が塗装をするとは言え、人の手で行われる作業には多少のムラが生じる可能性があります。
具体的に挙げられる多少のムラとは、角度によってムラに見えたり、強い光が当たった時にムラに見えるたりする場合です。
これらの多少のムラは仕方がないムラに当たるため塗り直しは難しいでしょう。
ですが、全ての塗装ムラが塗り直しが不可で、そのままになるというわけではありません。
塗料の厚みが箇所によってバラつきがあるといった明らかな塗装ムラなら、塗り直しに応じることが可能です。
ちなみに、明らかなムラは単に見た目の問題だけに留まりません。
明らかな塗料や塗られていない場合は、塗料本来の性能が十分に発揮されない可能性があります。
つまり、外壁の劣化が通常よりも早く、屋内に雨水が浸水するなどの被害に合うケースもあり得ます。
そのため、明らかなムラを発見した場合は早めに塗装業者に相談して塗り直しを依頼しましょう。

◎最適な塗り直しのタイミングとは?

相談するタイミングによっては、外壁塗装の塗り直しに対応可能かどうかが変わることをご存知ですか。
塗り直しを依頼する際の最適なタイミングはいつでしょう?
一番望ましいのは、足場を撤去する前に相談することです。
外壁塗装の作業終了前で、足場がまだ残っている時なら、塗り直しに応じてくれる可能性が高いです。
特に、微妙なムラである場合には足場の有無が一層重要になります。
なぜなら、地面から手の届かない高い所で足場がない状態だと塗り直しができないからです。
もう一度足場を立てることで塗り直せるのでは、と思われるでしょう。
ですが、足場を立てるためには約20万~30万円の費用がかかります。
そのため、微妙なムラのために再び足場を立てるというのは現実的ではありません。
もちろん、住宅に影響を及ぼすような明らかな塗装ムラには、足場の撤去後でも対応いたします。
ですが、微妙な塗装ムラの場合なら足場の撤去後の塗り直しは厳しいため、撤去前に気づいて相談することが重要です。

■塗装ムラの直し方と対処法

◎塗装ムラを見つけたら…

もし外壁塗装にムラを見つけた場合どうすればいいのでしょうか?
「小さなムラだから自分で少し塗り直せそうかも」と思っていませんか。
ですが、素人によるペンキの塗装は外壁塗装を台無しにする可能性があります。
そのため、まずは施工した業者に相談することが重要です。
業者に相談して塗り直しを依頼した場合、先ほどにも述べたように足場が必要になります。
そのため、できるだけ足場があるうちにムラがないかをこまめに確認して業者に相談しましょう。
後から余計な費用を発生させないためにも、早い段階に入念にチェックをして行動することが大切です。
明らかな塗装ムラなのに塗り直しに応じない業者がいることも、残念ながら可能性としてあります。
その場合、泣き寝入りをするのではなく、第三者機関である消費者センターに相談しましょう。

◎塗装ムラを防ぐために

そもそも外壁塗装のムラが出ないようにして、トラブルや余計な出費を避けたいものです。
外壁塗装のムラを防ぐためには何に注意すれば良いのでしょうか。
オススメの案は、下塗り、中塗り、上塗りの色を変えることです。
外壁を塗装する際、下塗りと中塗りと上塗りの塗料を全て変えることで、色ムラや塗り残しをかなり防げます。
この方法だと、素人でも、色ムラや塗り残しが発見しやすく、手抜きがされているかどうかのチェックも簡単です。
ですが、外壁塗装においては中塗りと上塗りの色は同一にすることが基本です。
また、上塗りより中塗りの色が濃い場合は色が透けて見える可能性もあるので、塗料を選ぶ際には注意しましょう。
他にも、塗料が1色増える分の費用がかかってしまうのもデメリットです。
数年後に外壁の劣化が始まっても、中塗りと上塗りが同じ色なら、上塗りが剥がれてもあまり気になりません。
ですが、中塗りと上塗りの色が異なると、劣化した際に中塗りの色が目立ってしまう可能性があります。
このように、中塗りと外塗りの色を変える方法にはデメリットもあるので慎重に検討しましょう。

最後に、何よりも外壁塗装のムラで悩まないためには、信頼と実績のある業者に依頼することが重要になります。
もし、塗装ムラが発生しても真摯に塗り直しに対応できるからです。

今回は外壁塗装でムラが発生した時の対処法を解説しました。

この記事を参考に外壁塗装のムラの疑問が少しでも解消できれば幸いです。

現在、千葉市や文京区を始め、関東圏内を中心にどこへでも伺わせて頂いております。
自宅や店舗のリフォームの相談や点検などお気軽にご相談下さい。

問い合わせ

Follow me!

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE
PAGE TOP