クリエイションペイント

東京・千葉・神奈川の方へ!屋根にサビが発生した場合の対処法!

約3分

屋根にサビができてしまってお困りの方はいませんか?

屋根のサビを放置してしまうとどんどんサビが広がっていき、最終的には穴が開いてしまうこともあります。

今回は屋根のサビに対処する方法のひとつとして屋根塗装を紹介します。

■塗装の特徴

屋根塗装は屋根にサビができてしまった場合に、その劣化を抑えるための非常に有効な手段です。

ただし、屋根塗装はサビを無くしてくれる万能なものではありません。

屋根に発生してしまったサビが広がり、屋根が劣化してしまうことを防止してくれる方法のひとつなのです。

屋根を塗装することで見た目が綺麗になるだけでなく耐久性も上がります。

このような結果をもたらすためには、ただ塗るだけではなく、下処理やケレンといった正しい手順を踏む必要があります。

この手順を守らなければ見た目が汚く、サビの進行を充分に抑えられない屋根になってしまうかもしれません。

■塗装の手順

上でも書いたように屋根塗装の手順は完成の仕上がりを大きく左右します。

実際に屋根塗装をする際の正しい手順を紹介します。

◎ケレン

ヤスリやワイヤーブラシ、電動サンダーなどの専用工具でサビをある程度取り除きます。

◎高圧洗浄

高圧洗浄機を使ってケレンの際に出たサビや、屋根の汚れを取り除きます。

◎下地処理

ヒビ割れしている箇所を修復して、穴を埋めて、屋根の下地を安定させます。

◎下塗り

サビの進行を止める専用の塗料を屋根に塗布します。

◎中塗り・上塗り

塗料をどんどん重ねて塗っていきます。

以上の工程が、サビができた際の屋根塗装の手順です。

■自分でもできるのか?

費用削減のために屋根塗装を専門業者に頼まずに自分でやってみようと考える人もいるかもしれません。

しかし、サビが発生した際の屋根塗装は塗装の技術だけでなく、ケレンや下地処理の技術も必要となってきます。

また、高圧洗浄機を自分で用意するのも困難ですよね。

もちろん、業者に頼まず自分でやってみることも不可能ではありません。

ただ、専門の知識と技術を持った業者にお願いした方が、自分が満足のいく仕上がりにできる事は間違いありません。

屋根にサビができてしまった際の塗装の特徴と手順を紹介しました。

屋根にサビができてしまって、どうしたらいいか分からないというお悩みは解決できたのではないでしょうか?

問い合わせ

Follow me!

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE
PAGE TOP