クリエイションペイント

東京・千葉・神奈川で住宅塗装を検討中の方へ!汚れにくい外壁にする工夫とは?

約5分

外壁塗装は「外観を美しくみせること」「家を守ること」の2つを目的としています。

この目的を果たすためには汚れにくい外壁を作ることが非常に重要になってきます。

そこで今回は汚れにくい外壁にするための工夫や、もし汚れてしまった場合の対処法をご紹介します。

■なぜ汚れにくい外壁にする必要があるのか?

冒頭でも書きましたが、外壁塗装の目的は「外観を美しく見せること」「家を保護すること」の2つです。

汚れやすい外壁では、これらの目的を果たせません。

汚れにくい外壁を目指すことは外壁塗装においてはとても重要なことなのです。

外壁が変色していたり、コケやカビがついていたりしたら、美しい外観とは言えません。

「多少汚れていても大丈夫」と思う方もいるかもしれませんが、汚れをそのままにしておくと、塗膜がだんだんはがれてしまったり、劣化が早くなったりします。

汚れにくい外壁づくりはそのまま家を長持ちさせることに直結しますので、汚れにくい外壁はとても重要なのです。

■様々な汚れ

手始めに、家の汚れと言われるものにはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

◎雨だれ

これはどこの家庭でも最もよく見られる汚れかと思います。
雨だれは、細長い筋のように黒ずんでみえる、水が垂れたような跡のことです。
窓枠や換気口など、雨が当たるところであればどこにでもついてしまう汚れです。
この汚れの原因は、壁についた汚れが雨で洗い流されることです。
雨が降る以上は、防ぎようのない汚れと言えます。
モルタル壁のようにデコボコが多い壁では汚れがたまりやすいので、特に雨だれが気になりやすいです。

◎コケやカビ

コケやカビは、基本的に水分や湿気が多いところを好みます。
ですから、日陰であまり風通しが良くないところではよくみられます。
外壁の材料や塗料が吸水性の高いものだと発生しやすくなってしまうので、気になるという方は吸収性が低いものを選ぶようにしましょう。

◎サビ

サビは金属の腐食が進むことによって発生する金属酸化物です。
そのサビが雨によって流されて、雨だれのようにサビが広がってしまい、汚れの範囲も大きくなってしまいます。
塗り替えの時期がまだ先だということであれば、サビ落とし剤などを使って落とすようにしましょう。

◎変色

外壁も本のように紫外線を浴び続けると変色してしまいます。
これは日当たりがいい場所で発生しやすく、原因は外壁が紫外線にさらされることで塗料の劣化が起きることによります。
変色は高圧洗浄でキレイになるものではないので、外壁塗装が必要になってきます。

■汚れにくい外壁にするための工夫

◎汚れが目立ちにくい外壁塗装の色を選ぶ

真っ白、真っ黒など単色の外壁はモノトーンでかっこいいですが、汚れがとても目立ちます。
汚れが目立ちにくいことを優先させるのであれば、グレー系やクリーム色の塗料を選ぶようにしましょう。

◎親水性のある外壁塗装を選ぶ

親水性のある外壁塗装を選べば、より長く外壁をきれいな状態に保てます。
親水性というのは、水との親和性が高い性質のことです。
親水性の高い塗料を使うことで、雨が降るごとに外壁についた汚れが雨とともに流れ落ちてくれるので、キレイな外壁を保てますし塗装も長持ちします。

◎ナノテク塗料を使う

ナノテク塗料はその名の通りナノテクノロジーを駆使した最新の塗料です。
水溶性の塗料でナノレベルの超微粒子で構成されており、樹脂量を最小限まで減らした塗料です。
それが外壁塗装されたのち、ナノレベルの超微粒子が均一に分散することで、汚れが侵入しにくく、簡単に落ちない塗膜となるのです。
他の様々な外壁塗装と比べても、圧倒的に汚れにくい素晴らしい効果を発揮してくれます。

■汚れやすい塗料とは?

汚れにくい塗料とは反対に、これはオススメできないという塗料をご紹介します。

◎アクリル塗料

アクリル塗料は他の塗料よりも安いため、手を出しやすい塗料です。
しかし、アクリル塗料は塗膜が弱いので、劣化が早いうえに汚れが付着しやすいです。
お手軽ではありますが、キレイで長持ちする外壁塗装とは言えません。

◎弾性塗料

弾性塗料は弾力性があり、温度差で起きる外壁の伸縮の影響を吸収してくれるので、ヒビ割れ防止の効果があります。
しかし、塗膜が伸びるために表面に細かいデコボコがあるために汚れをためやすいです。

◎1液タイプの塗料

1液タイプの塗料はその1本だけで塗装できるように成分調整された塗料のことです。
この1液タイプの塗料は塗膜が強くないので、汚れやすい塗膜になってしまいます。

今回は汚れにくい外壁にする工夫をご紹介しましたがご参考になりましたでしょうか?

汚れにくい外壁にすることは家を美しく保ち、長持ちさせることに直結する大事なことです。

塗料や色の選択などを工夫して、汚れにくい外壁を目指しましょう。

問い合わせ

Follow me!

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE
PAGE TOP