クリエイションペイント

東京・千葉・神奈川・埼玉・茨城にお住まいの方へ!ガルバリウム鋼板の重要性って何?

約3分

ガルバリウム鋼板ってご存じでしょうか?

屋根のカバー工法や外壁の張替などに使用される鋼板になります。

今、流行りのインダストリアル系デザインでも良く使用され、人気急上昇中の素材です。

このガルバリウム鋼板が何故重要なのか、何故ここ最近になって使用され出し始めたのか、今回のコラムでは解説していきたいと思います。

■ガルバリウム鋼板とは?

アルミニウムと亜鉛、シリコンの3つを組み合わせた合金をガルバリウムといい、ガルバリウムで表面を覆った鉄のことをガルバリウム鋼板といいます。

一般住宅で使われているものは0.35mm~0.5mm程度の厚みであることが多いです。

表面には塗装がされており、裏面には遮音効果や断熱効果を高めるために断熱材やアルミ箔が敷かれていることが多いです。

現在では屋根や外壁などの建築物によく使われている建材です。

■なぜ重要なのか?

なぜガルバリウム鋼板という材質は重要なのでしょうか?

それは、以下のような特徴を持つためです。

◎耐久性が高い

非常に丈夫で耐久性が高く、耐久年数は20年以上です。
海に近い場所でも、10年以上使えます。

◎地震に強い

薄い板であるため、非常に軽いです。
軽くて丈夫なため、他の建材と比べても地震に強い建材です。

◎錆びにくい

金属建材では錆が大きな問題点の一つです。
ガルバリウム鋼板は他の金属建材に比べ非常に錆びにくい建材です。
建物の外観を美しく保つためにも、錆びにくいというのは建材を選ぶ上で重要な要素の一つです。

その他にも、熱反射率が高い、デザイン性が高いなど多くの優れた点があります。

以上のような優れた特徴を持ち合わせており、費用も高くないため、コストパフォーマンスに優れています。

■塗装

錆びにくいといっても錆びないわけではないので、定期的に塗装する必要があります。

塗装していない場合、変色したり、傷がついたりする原因となってしまいます。

塗装は雨風にさらされるため、時間とともに劣化していきます。

塗装が劣化したまま放置してしまうと、鋼板自体が劣化してしまい、大規模な修繕が必要となることもあります。

長持ちさせるためには、早めに塗装し直すことが重要です。

以上、ガルバリウム鋼板についてご説明させて頂きました。

とても優秀な建材であることがお分かり頂けたと思います。

現在では、低価格で優れた外壁や屋根を作るには欠かせない建材の一つです。

また、ガルバリウム鋼板を長持ちさせるには塗装が重要です。

その為にも、信頼できる業者にきちんと塗装してもらい、長く丈夫な家を目指しましょう。

現在、千葉市や文京区を始め、関東圏内を中心にどこへでも伺わせて頂いております。
自宅や店舗のリフォームの相談や点検などお気軽にご相談下さい。

問い合わせ

Follow me!

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE
PAGE TOP