クリエイションペイント

東京・千葉・神奈川・埼玉・茨城にお住まいの方へ!外壁の劣化が雨漏りにつながっていく?

約3分

雨漏りの原因と言えば、屋根の劣化から来ると思っている方が多いのではないでしょうか?

ところが、屋根の劣化からの雨漏りと同じくらいの割合で外壁の劣化による雨漏りも多いのです。

雨漏りを防ぐには、屋根、外壁共に家全体のチェックが必要となります。

そこで今回のコラムでは、外壁の劣化がどのように雨漏りに繋がっていくのか解説していきます。

■何故、外壁の劣化が雨漏りに?

家の中のリフォームは検討中だけど、外壁のリフォームはあまり考えていないというかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

外壁は定期的に塗り替える必要があります。

まず、外壁のメンテナンスを怠ると外壁を保護している塗膜が劣化して防水効果が低下し、水分が浸入してきます。

特にサイディングの隙間を埋めているシーリングが劣化するので、定期的に外壁の状態を確認しておくと安心です。

そのままにしておくと、中にある建材が劣化することや、家の中の湿度が上がることで、カビが生えやすくなって、健康にも影響してきます。

また、建材が劣化すると家の寿命が短くなってきます。

雨漏りが酷くなってくると、家の中にも雨が侵入するので気を付けましょう。

外壁の状態は分からないことが多いので、気になったときに専門の業者にチェックしてもらうと良いです。

専門の業者に頼むことで、どこの壁が劣化しているのかが分かります。

さらに、専門の機材があって、赤外線を使うことで目に見えないような細かい傷がチェックできます。

壁の塗り替えは十年に一度のペースで行うことで、綺麗な状態を保てます。

築年数が十年程度経過している場合には、一度チェックしてもらうと良いです。

今回のコラムでは外壁の劣化が雨漏りに繋がる事をご説明させて頂きました。

しっかりと防水を行っていないと水はどこからでも侵入してきます。

その為にも定期的な点検が必要となって来ますので、信頼できる業者へ依頼する事が一番家を長持ちさせるコツだと思います。

現在、千葉市や文京区を始め、関東圏内を中心にどこへでも伺わせて頂いております。
自宅や店舗のリフォームの相談や点検などお気軽にご相談下さい。

問い合わせ

Follow me!

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE
PAGE TOP