クリエイションペイント

東京・千葉・神奈川で外壁塗装をお考えの方!近隣への挨拶回りの重要性について解説します!

約3分

■ご近所への挨拶は必要

外壁塗装を行う際、ご近所への挨拶は絶対に必要です。

外壁塗装は住宅の四方を足場で囲い、飛散防止用のシートを張ります。

そのため、近所の方々にも大がかりな工事を行うという印象を与えるでしょう。

トラブルを防ぐためにも、事前に挨拶は行っておきましょう。

◎挨拶回りは業者でいいのか?

◎挨拶回りは業者でいいのか?

業者が行う挨拶回りと施主の方が行う挨拶回りには違う意味があります。
業者は施工期間や工事中の注意点を伝えることが目的です。
施主の方が分からない工事の専門的な内容を業者が伝えます。
一方で施主の方は、近所へ迷惑をかけるかもしれないので、マナーとして一言伝えましょう。

◎近所への挨拶のタイミングは前日までに

挨拶回りのタイミングも業者に任せましょう。
目安としては基本的に工事開始の前日までには済ませるようにスケジュールを立ててくれます。

◎自分で挨拶に行く場合

自分で挨拶に行く際は粗品を持って行きましょう。
何かトラブルがあった時のためにも、菓子折りは用意しておくことをオススメします。
しかし、大体の場合業者が粗品を持って挨拶に回るので、更なる粗品を要求してくる近隣の方はいないと思われます。

◎挨拶範囲は3軒両隣と裏の3軒

挨拶回りに行く場合は自宅を囲む全ての家に行くようにしましょう。
両隣の2軒と向かいの3軒裏の3軒に行くことをオススメします。
住宅が密集している場合はどうしても騒音や匂いで迷惑をかけてしまうことが考えられます。
家の前の道路の幅が狭いと業者が駐車する際に近所迷惑になる場合が多いです。
道路が狭い住宅街や密集地帯にお住まいの方は迷惑をかけそうな住宅に一通り挨拶しておくと、トラブルを避けられるでしょう。

今回のコラムでは外壁塗装をする際、近所への挨拶が必要かについて解説しました。

外壁塗装工事は大きな音や塗料の匂い、業者の出入りなど普段とは違う日常を近隣の方々に与える事になります。

その為、一言「今度○月○日に塗装工事を行います」とお声がけするだけで、その印象は変わってくると思いますので、是非ご挨拶はするようにしましょう。

問い合わせ

Follow me!

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE
PAGE TOP