クリエイションペイント

東京・千葉・神奈川で住宅塗装を考えてる方必見!遮熱塗料のメリット・デメリットって?

約4分

最近は省エネ住宅などで言われているように、住宅の断熱性や気密性が重要視されてきております。

住宅の省エネ化とは1年中快適に過ごす事が目的です。

例えば、夏場にエアコンを18度に設定しているにも関わらず全然涼しくならないなんてご家庭もあるのではないでしょうか?

そんなご家庭にオススメなのが、遮熱塗料です。

《遮熱塗料って?》

屋根・外壁に塗ることで、太陽の光や熱を反射させ、室内の温度上昇を抑制させる事が出来ます。
その為、室内の温度管理に役立つ事から、冷暖房の効果を上げる作用があり、建物の省エネ化を実現させることが出来ます。

そのため、年々注目されどんどん知名度は上昇しているのですが、遮熱塗料は特殊な塗料ですので、その性質をしっかり理解した上で選ばれることをオススメします。

《遮熱塗料のメリット》

まずは遮熱塗料のメリットについてです。

①節電効果

太陽光エネルギーを跳ね除ける効果があるので、猛暑のような夏でも太陽光の影響を抑える事ができ、その効果は2~3度と言われています。
その程度の効果かと思われるかもしれませんが、体感温度は満足出来る温度差を感じる事が可能です。
この事により光熱費の節約に繋がります。

②外壁寿命の延命

遮熱塗料を用いることで熱や紫外線による外壁材への影響を低くさせる事ができます。
特に、金属製の材料に塗布すると非常に効果的です。

③ヒートアイランド現象の抑制

建物に蓄えられた熱は外部へ熱放射されます。
すると建物周辺の温度も上がってしまい、ヒートアイランド現象の原因になります。
遮熱塗料を使用すると建物に蓄えられる熱を少なくさせる事が出来るため、ヒートアイランド現象の抑制に繋げる事ができるのです。

④補助金・助成金

現在、国や自治体によって住宅の省エネ化が推進されております。
その為、地域によっては補助金や助成金の受給する事が出来ます。
少しでもお安く住宅リフォームをお考えの方には朗報です。

このように遮熱塗料は大変嬉しい塗料なのですが、悲しい事にデメリットもあります。

《遮熱塗料のデメリット》

①高価格

一般的なシリコン塗料やラジカルハイブリッド塗料などに比べ、おおよそ2倍の費用がかかってしまいます。
また、特殊な塗料であるがゆえに施工に技術が必要となり、下塗り材を含めしっかりと扱うことのできる業者でないと十分な効果を得ることができません。

②冬場の遮熱性

冬場の遮熱効果は建物の温度を下げてしまう可能性があるという事です。
そのため夏が暑い地域には最適な塗料ですが、冬が長く厳しい地域にはあまり適していません。

③色による効果

遮熱効果は熱の反射なので、その色合いによりその効果に違いが発生してしまいます。
白やクリーム系は遮熱効果が高く、クリーム色やグレー、茶色、黒等の濃色は熱反射率が低くなってしまいます。

④耐久性

遮熱塗料はラジカル制御されていないので、一般的な塗料に比べ、若干ではありますが汚れが付きやすいという点があります。
ゆえに耐久年数が若干劣るというデメリットがあります。
その為、外壁に汚れが目立つようになって来ましたら、清掃などの定期的なメンテナンスが必要となります。

上記のように遮熱塗料には、メリット・デメリットがあります。
しかし、デメリットを考慮しても末長くご自宅に住み続けるなら素晴らしいメリットのある魅力的な塗料です。
また外壁塗装だけでなく、屋根への塗装も大変効果的です。

《クリエイションペイントでのメリット》

高性能遮熱塗料を塗料メーカー直販で仕入れる事が出来る為、中間マージンがかからず他社よりもお安くご提供する事が出来ます。

上記のデメリット①がクリエイションペイントでは存在しません。

一度、クリエイションペイントで遮熱塗料のお見積りはいかがでしょうか?

今回、今後も名前が出続けるであろう遮熱塗料に関して簡単に説明させて頂きました。
住宅塗装で遮熱塗料を考えている方、もっと詳しく知りたい方是非ご連絡、ご相談下さい。

問い合わせ

Follow me!

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE
PAGE TOP